川勝 平太/編著 -- 同文舘出版 -- 2000.6 -- 210.5

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 状態 持出禁止
長田 一般 /210.5// 180362763 一般

資料詳細

タイトル 「鎖国」を開く
著者等 川勝 平太 /編著  
出版地 東京
出版者 同文舘出版
出版年 2000.6
ページ数 258p
大きさ 19cm
内容紹介 明治以来、近代欧米文明の長所と短所を知り、その取捨選択に十分な経験を積んできた日本。その経験をいかすために、地球史の観点に立って江戸時代を見直す試み。KDD社広報誌連載の連続エッセーを集成。
本体価格 ¥2000
ISBN 4-495-86481-5
NDC分類(10版) 210.5
NDC分類(9版) 210.5
NDC分類(8版) 210.5
一般件名 日本-歴史-江戸時代 , 日本-対外関係-歴史 , 鎖国

内容一覧

タイトル 著者等 ページ
ヨーロッパに届けられた茶の心 角山/栄/著 3-13
陶磁器をめぐる東西文化の霊感 西田/宏子/著 14-23
オランダ人の受けた御恩と御奉公 永積/洋子/著 24-34
海外に開かれた南の窓-琉球の視点から 真栄平/房昭/著 35-44
鎖国文化に貢献した南洋貿易 清水/元/著 45-56
南蛮への路、韓への路 田代/和生/著 57-66
朝鮮からみた日本の「鎖国」 宮嶋/博史/著 67-76
近世文化としての異国使節 ロナルド・トビ/著 77-91
唐人網と鎖国 斯波/義信/著 92-104
中国からみた日本の鎖国 浜下/武志/著 105-118
「鎖国論」と日本の開国 平石/直昭/著 119-130
礼儀作法学校としての日本 横山/俊夫/著 131-141
「江戸システム」の可能性 入江/隆則/著 142-150
近世日本の主食体系 鬼頭/宏/著 151-168
鎖国が生んだ資源自給のシステム 内田/星美/著 169-179
徳川吉宗の国産開発 笠谷/和比古/著 180-189
在来と伝来、近世農業の内と外 堀尾/尚志/著 190-200
商人の算用、農民の勤勉 斎藤/修/著 201-211
文明化と近代化 小路田/泰直/著 212-221
温故知新 川勝/平太/著 222-234