富永 茂樹/[著] -- みすず書房 -- 2005.1 -- 309.0235

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 状態 持出禁止
中央 一般 /309.023// 121715175 一般

資料詳細

タイトル 理性の使用
副タイトル ひとはいかにして市民となるのか
著者等 富永 茂樹 /[著]  
出版地 東京
出版者 みすず書房
出版年 2005.1
ページ数 254,10p
大きさ 20cm
内容紹介 18世紀後半に、また革命期に構想された、啓蒙と市民の形成にかかわる議論、コンドルセの教育論からシエースの社交に対する無関心を示唆する言説、さらにピネルの狂人の社会化をめぐる論理などを分析・批評する。
本体価格 ¥3800
ISBN 4-622-07130-4
NDC分類(10版) 309.0235
NDC分類(9版) 309.0235
NDC分類(8版) 309.0235
一般件名 社会思想-フランス , 市民社会 , 啓蒙主義 , フランス-歴史-18世紀