堤 邦彦/編 -- 森話社 -- 2005.11 -- 185.91

所蔵

所蔵は 0 件です。現在の予約件数は 0 件です。

資料詳細

タイトル 寺社縁起の文化学
著者等 堤 邦彦 /編, 徳田 和夫 /編  
出版地 東京
出版者 森話社
出版年 2005.11
ページ数 366p
大きさ 22cm
内容紹介 口承文芸からゴジラまで、あらゆる「縁起的なるもの」を捕捉し体系化することで、縁起研究を宗教研究の補助手段から解放し、文化学の要部へと位置づける。「縁起学」の黎明を告げる一冊。
本体価格 ¥6500
ISBN 4-916087-59-3
NDC分類(10版) 185.91
NDC分類(9版) 185.91
NDC分類(8版) 185.91
一般件名 縁起(寺院) , 縁起(神社)

内容一覧

タイトル 著者等 ページ
寺社縁起と談義・直談 徳田/和夫/著 27-40
組織と縁起 藤巻/和宏/著 41-54
近世寺社縁起の戦略性 加藤/基樹/著 55-76
神仏の噂 伊藤/慎吾/著 77-94
月感伝承の在地的様相をめぐって 菊池/政和/著 95-109
近世唱導と文芸・芸能 北城/伸子/著 111-132
火車説話の受容と展開 山田/厳子/著 133-159
法然上人伝から古浄瑠璃『ほうねんき』へ 佐谷/眞木人/著 161-174
いくさ語りから怪談へ 堤/邦彦/著 175-196
僧と亡者の昔話 花部/英雄/著 197-211
尼僧の<聖地>としての真如寺 西山/美香/著 213-227
物語草子としての形成と受容 恋田/知子/著 229-248
民間巫女の群像 川島/秀一/著 249-268
戯け開帳と縁起講釈 福原/敏男/著 269-287
虚構の系図・由来書 大島/由紀夫/著 289-304
縁起のメディア 久野/俊彦/著 305-321
「縁起学」の可能性 佐谷/眞木人/ほか述 325-361