函南町誌編集委員会/編集 -- 函南町 -- 1974 -- S222

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 状態 持出禁止
南部 参考 /S222// 107761459 静岡
清水中央 2F郷土 M/222/カ/ 121052672 静岡 持禁

資料詳細

タイトル 函南町誌
巻次 上巻
著者等 函南町誌編集委員会 /編集  
出版者 函南町
出版年 1974
ページ数 333p
大きさ 22cm
内容紹介 目次:総説、村から町へ、町の誕生、「かんなみ」の名称、田方郡仁田村外十四か村から函南村・函南町へ、沿革、第一章、函南町の自然、一、地理的環境、位置、地勢、面積、ニ、地質、伊豆半島の地質、函南町の地質、三、地下資源、岩石、地下水、四、水系、河川、瀑布、池沼、五、気象、気象の概況、六、植物、禁伐林の植物、町の木・花、七、動物、第二章、函南町の歴史、はじめに、一、原始時代のようす、(一)旧石器時代、人類の生活の始まり、(ニ)縄文時代、山地での自然採集生活、(三)弥生時代、ムラでの生活、ニ、古代のようす、(一)古墳時代、古墳の発生、柏谷の百穴、古墳文化の広がり、大化改新と伊豆支配、(ニ)奈良時代、政治の地方浸透、民衆の生活、信仰の高まり、(三)平安時代、箱根権現と桑原、民衆の生活、流人と地方文化、武士の発生、三、中世のようす、(一)鎌倉時代、頼朝の伊豆支配、頼朝の比企尼、石橋山合戦と宗時神社、郷土の武士、頼朝の寄進と寺社の再建、新仏教の興隆、鎌倉時代の民衆の生活、(ニ)室町と戦国時代、室町幕府の伊豆支配、北条氏の支配と西原源太、北条氏の民政、戦乱と遺臣の地方定着、北条氏の滅亡、四、近世のようす、(一)安土桃山時代、太閤検地と刀狩、家康の関東移封と伊豆支配、(ニ)江戸時代、幕藩体制確立と伊豆、新田開発と八ツ溝用水、東海道の整備、農民の負担、村の生活、元禄の石直しと支配者、争論、幕藩体制の動揺、沼津藩の郷組制度、大政奉還と箱根戦争、五、近代にはいって、(一)明治時代、維新と静岡県の成立、函南村の成立、近代国家への諸整備、近代産業の発達、立憲政治の始まり、日清日露戦争と出征者、耕地整理事業、(ニ)大正から昭和へ、函南村誌の編纂、第一次世界大戦と戦後の動き、二つの震災、丹那トンネル工事と渇水問題、水騒擾事件、木立入植、第二次世界大戦への道、戦時中のくらし、函南駅空襲、エボナイト工場の煙突、(三)戦後の復興と発展、日本の民主化と函南町、農地改革、教育の民主化、地方自治の発展、仁田・上沢の大火、アイオン台風、箱根山の緑化推進、新農村建設事業、進む観光開発、狩野川台風、村議会の定数減、集中豪雨、函南町の誕生、町制施行十周年まで、第三章、住民、一、集落の発達、集落の形成、江戸時代の村々、ニ、人口および世帯数、郡下における位置、人口・世帯数の移りかわり、地区別人口、三、人口構成、年令別人口構
NDC分類(10版) S222
NDC分類(9版) S222
NDC分類(8版) S222