小田部 雄次/著 -- 吉川弘文館 -- 2016.5 -- 392.1

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 状態 持出禁止
清水中央 2F般 /392.1/オ/ 114872082 一般

資料詳細

タイトル 大元帥と皇族軍人
巻次 明治編
著者等 小田部 雄次 /著  
出版地 東京
出版者 吉川弘文館
出版年 2016.5
ページ数 6,260p
大きさ 19cm
シリーズ名 歴史文化ライブラリー
シリーズ巻次 424
内容紹介 戊辰戦争から日清・日露戦争などを経る中、天皇は大元帥に、その血族である皇族は軍人となった。軍人としての天皇や皇族、華族軍人や朝鮮王公族の動向を追い、天皇制軍隊の創設にどう貢献をしてきたのかを解明する。
本体価格 ¥1800
ISBN13桁 978-4-642-05824-7
ISBN 4-642-05824-7
NDC分類(10版) 392.1
NDC分類(9版) 392.1
NDC分類(8版) 392.1
一般件名 軍人 , 天皇 , 皇族
多巻一般件名 日本-歴史-明治時代